カップル
スーパータダライズで一石二鳥   >  いまインドが熱い

いまインドが熱い

インド

いま、インドの製薬業界が熱いのをご存知でしょうか。世界でもインドのように後発薬(ジェネリック)で大躍進を遂げた国は唯一無二であり、今大変話題になっています。世界で出回っている後発薬(ジェネリック)の5分の1はインドから生産されたものの言われており、今後も割合は増加していくものとみられます。

後発薬(ジェネリック)とは簡単に言ってしまえば先発薬の模倣品です。先発薬は基本的に開発した個人あるいは組織が特許を持っているのですが、その特許が切れた時、後発薬は初めて生まれます。そのため、後発薬は先発薬と効果が同じにもかかわらず、値段が安くなります。これが後発薬が注目されているわけですが、インドは少しわけが違うんです。

薬の特許は大きく4つにわけることができます。物質特許、製法特許、用途特許、製剤特許です。インドで問題になっているのはこのうちの物質特許と製法特許です。物質特許とは文字通り、薬の物質に対しての特許であり、製法特許は作る過程の特許です。製法特許はきちんと存在しているのですが、物質特許が少し微妙なラインであり、特許がうまく機能しない場合があるのです。そこに目をつけた世界中の製薬会社が今、インドを舞台に戦いを繰り広げています。

日本では、ED治療薬のジェネリックはバイアグラのものしかありません。日本ではバイアグラがとても有名ですが、レビトラやシアリスと言った優れたED治療薬のジェネリック薬は日本では購入することができません。そのためインドから個人輸入するしかないのです。

まさにいま、インドは第三の波(情報化社会)真っ只中です。世界の薬工場から高品質低価格のED治療薬を購入することができる個人輸入も考えてみてはいかがでしょうか。